title02.jpg

横浜市立大学附属病院小児科親の会 さんふらわ会則

第1条 会の名称

本会は「さんふらわ」と通称し、正式名称を「横浜市立大学附属病院小児科親の会 さんふらわ」とする。

第2条 目的

本会は同じ経験をした家族同士が、医療・教育・生活等の問題を学び親睦を深めることで退院後の不安の軽減をはかること、及びその経験を生かし入院中のご家族や患者のために役に立つ活動を行うことを目的とする。

第3条 会員

・(正)会員:横浜市立大学附属病院小児病棟を退院した患者。ただし、入院中の方や他院に通院中の方でも入会できる。
・サポーター会員:会の趣旨に賛同する方(病棟・外来スタッフ・医師・看護士・保育士・教師等)

第4条 会費等

・年会費の徴収は行わない
・イベント毎に参加費を徴収する

第5条 役員

本会に次の役員を置く。役員は会員間で互選または推薦で行い、総会でこれを決める。

  • 代表1名
  • 副代表・書記1名
  • 会計1名
  • 情報技術担当1名
  • 顧問(医師)4名

第6条 役員の業務

1.名簿の作成と管理及び入退会の手続き
2.イベントの計画及びその遂行
3.病院との連絡
4.参加費の徴収、収支管理
5.総会の開催

第7条 任期

役員の任期は1年とし、改選は毎年5月に行う。再任を妨げない。

第8条 総会

総会は本会の最高決議機関であり毎年1回開催する。その他必要があるときは臨時総会を開催することができる。

第9条 入退会

年間を通じて随時入会及び退会ができる。また継続の意思確認は毎年総会前に確認を行う。

第10条 会則の変更

会則の変更は役員が随時行う。
付則  1.平成19年5月  会則施行
    2.平成22年5月  会則変更